2005年12月26日

マネックス新春 お客様感謝Day

マネックス新春 お客様感謝Day

1月22日(日)文京シビックホール

第1部 資産設計で実践する「私の個人資産」運用法 内藤忍
第2部 「今年のマーケット予想」 藤巻健史氏
第3部 「マネックス証券 これまでの道程、これからの道程」松本 大

参加費 無料
*マネックス証券に口座をお持ちのお客様のみご参加いただけます。

詳しくは
マネックス証券


posted by Kumaz at 13:06 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2005年12月24日

マネックス・ユニバーシティ開校記念セミナー 第二弾

マネックス・ユニバーシティ開校記念セミナー 第二弾
『資産設計塾 実践編』 ライブ版
1月27日(金)[東京・青山]
参加費3000円
マネックス証券メンバー限定の勉強会です。

詳しくはマネックス証券









posted by Kumaz at 20:45 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2005年12月23日

メキシコ経済セミナー

メキシコ経済セミナー

日時 :2006年1月27日(金)14:00〜15:30
参加費:無料
場所 :大手町「サンケイプラザ」3階

第1部:メキシコ経済について 〜現状と将来性〜
第2部:「欧州復興開発銀行メキシコ・ペソ建利付債券」について
・ 欧州復興開発銀行(発行体)について
・ 毎月利払型の利点
・ イー・トレード証券の販売実績
・ メキシコ・ペソ債の他社販売状況、今後の取扱いについて
講演:RBCキャピタルマーケッツ証券会社

詳しくは
E*トレード証券




posted by Kumaz at 21:45 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

シュローダーBRICs株式ファンド

BRICs(ブラジル、ロシア、インドおよび中国)の株式に投資するシュローダーの新ファンド「シュローダーBRICs株式ファンド」(追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)/3ヶ月決算型)が1月10日(火)より募集開始!イー・トレード証券、他1社にて取り扱い。

当初申込期間は2006年1月10日(火)から1月30日(月)まで。


posted by Kumaz at 18:28 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | BRICs投資信託

2005年12月21日

投資信託セミナー

2月25日(土):東京日本橋

『投資情報の読み方、新聞に出てくる株価情報、やさしいチャートの見方
技術革新と証券市場、株式市場にテーマを提供する技術の変遷』他

[ 主催:NPO証券学習協会、後援:マネックス証券 松井証券]
※参加費1500円

詳しくは
マネックス証券





posted by Kumaz at 13:17 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2005年12月17日

個人向け国際

個人向け国際(個人向け利付き国庫債券)は銀行や証券会社、郵便局で購入できます。

最近よくCMでやってますが、個人向け国債 固定5年の販売は既に始まっており、 利率は0.80%です。金利が固定なのでインフレ時にはちょっと心配です。途中換金は2年経過後であればいつでも換金可能ですが、4回分の利子(税引前)が引かれます。個人向け国際変動10年の利率は10年固定利付国債の金利-0.8%で、 第13回は0.68%です。

詳しくは、
E*トレード証券

マネックス証券


posted by Kumaz at 23:50 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券ファンド

定期分配型投資信託

ワタクシKumazはあまり大金を投資できないので手が出せないんですが、定期分配型投資信託は決まった期間毎に収益に応じて分配金をもらえるタイプの投信で、毎月分配型なら毎月お小遣いがもらえるような感じです。ライブドア騒動後、配当を高める企業が増え、ペイオフ解禁もあって高配当株をあつめたファンドはさらに人気ですね。

サイトに定期分配型のコーナーがあるネット証券会社もあるので、チェックしてみてはどうでしょうか。
たとえばイートレードの場合、毎月分配型・四半期型などがあり日本株・外国株・外国債券・REITに投資するものがあります。

毎月型
・野村−世界三資産バランスファンド(愛称:セッション)
・日本−グローバル・リート・セレクション
・富士−J-REITアクティブオープン
・国際−エマージング・ソブリン・オープン
・インベスコ−オーストラリア債券ファンド
・国際−グローバル・ソブリン・オープン
・DIAM−高格付けインカムオープン
・日本−アジア・オセアニア株式オープン
・三井住友−グローバル好配当株式オープン

四半期型
・野村−好配当日本株オープン
・日本−好配当リバランスオープン
・フィデリティ−ワールド好配当株・ファンド

詳しくは
E*トレード証券

2005年12月15日

ジョージソロスが韓国株売却?

目標を達成したためか、天井と読んだのか分かりませんが、ジョージ・ソロス氏が保有していた韓国株を売却したようです。MAKOXを買おうとおもってたんですが、、、。どうなる韓流ファンド。

Soros-owned fund sells stake in S.Korea brokerage

2005年12月14日

【ソニーバンク】新ファンド手数料半額キャッシュバック

マーケット情報などをポッドキャスティング配信するソニーバンクですが、下記のファンドの手数料が半額キャッシュバック!

・世界物価連動国債ファンド(愛称:物価の優等生)
・三井住友・フォーカス・ジャパン・オープン
・インベスコ欧州東方拡大株式ファンド


世界物価連動国債ファンド(物価の優等生)はマネックスで手数料全額キャッシュバックだったり。。。マネックス証券



こういうこともあるので、ファンド買うときはよく調べないといかんですな。
posted by Kumaz at 14:30 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託全般

投信が大人気

投信の純資産総額が50兆円を突破。とくに株式投信資産増加ペースが顕著で11月の資産増加額は2兆6507億円と過去最高!

定期的に分配金がある投信や日経平均の上昇が寄与していると言う。MMFや公社債投信には大きな変化なし。

ラジオNIKKEI
NIKKEI NET
posted by Kumaz at 14:22 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2005年12月12日

セレクトファンド手数料実質無料キャンペーン

マネックス証券は取り扱いのあるファンドのうち一部(セレクトファンド)で手数料無料(キャッシュバック)キャンペーンを行なっています。今月30日まで。

対象となるファンドは
・外貨建てMMF
・世界物価連動国債ファンド(物価の優等生)
・HSBCインドオープン
・HSBC BRICsオープン
・HSBCチャイナオープン
などなど多数。
詳しくは
マネックス証券





もともと手数料無料のファンド:ノーロードファンド
posted by Kumaz at 13:46 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2005年12月09日

ノーロード投資信託

ノーロード投資信託とは通常3%程度かかる販売手数料がかからないファンドのことで、このところ国内で扱いが増えています。

ネット証券やネット銀行でもノーロードファンドのコーナーを設けるところもあります。
ノーロードでは一般的なMMFや国内外のインデックス型に加え、中国関連株型などテーマ性をもったタイプもあり、イートレードでは20弱、マネックスでは13ほどノーロードの投資信託が用意されていています。

E*トレード証券



マネックス証券


2005年12月08日

インド投資信託

BRICs投信が人気ですが、なかでもインド株式で運用する投資信託の残高が1年で100倍に伸びているそうです。日経


インド関連の投資信託
・HSBCインドオープン→マネックス証券・イーバンク銀行、楽天証券等
・ドイチェ-インド株式ファンド →E*トレード証券等
・PCAインド株式オープンファンド →ライブドア証券等
などなど

詳しくは下記へ

E*トレード証券


イーバンク銀行


マネックス証券







投資信託ではありませんが、インド株eワラントというのもあります。
こちらはマネックスと松井証券で扱っています。



posted by Kumaz at 16:59 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(1) | BRICs投資信託

2005年12月07日

BRICsセミナー

BRICsセミナー:初心者の方を対象に今話題のBRICs投資の魅力と売買のコツをご紹介

マネックス証券


は12月18日(日)ブラジル・ロシア・インド・中国といったBRICs諸国の経済の見通しや株式投資のコツについてセミナーを行なうようです。先着順で口座を持っている人のみ。

その他セミナー情報はセミナー情報Blog
posted by Kumaz at 13:53 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(1) | セミナー

2005年12月06日

欧州東方拡大株式ファンド

以前、このブログでJPMロシア・東欧株ファンドを紹介しましたが、 今回はインベスコ 欧州東方拡大株式ファンドというものを見つけました。

MSCIエマージングイースタンヨーロッパという指標(チェコ、ポーランド、ハンガリー、ロシアの4カ国の株式市場の動きを包括的に表す指数)を参考に、東欧諸国およびロシア企業の株式に投資するファンドです。

ロシアは爆発的な成長を続ける中国との関係も現在は密接で、石油を中心とした天然資源を武器に成長を続けています。つい先日、東シベリアでの石油パイプライン敷設では日本向けの太平洋ルートではなく、中国ルートを優先するといったこともありましたが、今後、東シベリアを巡って中国との対立が起こらないとも限りません。また、東欧やCIS諸国は、EU加盟でロシアとの関係は薄れているか、薄れる事を強く望んでいるようです。ロシアはもうすぐ四面楚歌かもしれないですね。

現在ロシアは原油産出量は世界トップレベルですが、可採年数は20年程度で、人口のピークまであとわずか。世界で代替エネルギーが普及した場合、プライドは一流でも、労働力もめぼしい輸出品もない開発途上国になりそうです。しかしながら、現状ではしばらく成長が続きそうです。
posted by Kumaz at 15:24 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | BRICs投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。