2006年10月31日

カブロボ投資信託

ロボットが株取引をし、運用成績を競うコンテスト「スーパーカブロボ」が開催中だ。成績上位10体は、来年、投資信託として販売されるという。

気になる成績だが、1000位までの運用成績はこちらで発表されている。
ちなみに昨年のトップは年率換算で828%だったようだ。
ネタ元:ロボットの株取引コンテスト開催中 “ドライな運用”の成否は

株式自動売買ソフトウェア スーパー・株ロボを作ろう!」という本もでているので、プログラミングの心得があるかたは次回挑戦してみるのも良いだろう。

プログラミング能力のないワタクシはカブロボ投資信託の登場が待ち遠しい。



posted by Kumaz at 13:36 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2006年10月27日

カブドットコム証券 投資信託サービスを大幅強化

カブドットコム証券が投資信託の情報サービスを大幅強化


  • 投資信託の個別銘柄情報の拡充

  • 投信ポータル画面を新設

  • ファンド検索(スクリーニング)を機能拡充

  • 投信会社の定期レポート・臨時レポートをPDFファイルで提供

  • 投信買付画面・投信積立申込画面にファンド基準価額のチャートを追加


ちなみにカブドットコム証券取り扱いファンドは143(206本)、ノーロードは39(66本)
【カブドットコム証券】ノーロードファンド一覧
posted by Kumaz at 13:55 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2006年10月25日

【イーバンク銀行】投資信託7本追加

イーバンク銀行、新たに7本の投資信託を取扱い開始

ノーロード(手数料無料)のニッセイ/パトナム・インカムオープンも!


  • 欧州東方拡大ファンド

  • グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド

  • ジャパン・ストラテジック・オープン 愛称:鶴翼

  • DIAMパッシブ資産分散ファンド 愛称:三本の矢

  • ニッセイ/パトナム毎月分配インカムオープン

  • DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)愛称:ハッピー・クローバー





posted by Kumaz at 12:01 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2006年10月22日

エコファンドに税制の優遇措置

以前、FTの記事を紹介した「SRIに税制優遇措置?」が実際に形になるようだ。

環境省はエコファンドに投資する個人投資家に対して税制上の優遇措置を作るという。

  • 年間の投資利益からエコファンド投資金額を控除

  • エコファンドでの利益については、半分のみ課税

  • エコファンドの損失は3年間繰越


などなど。

詳しくは元ネタ環境重視型の投信エコファンド、個人投資家に税優遇

社会的責任投資より社会的無責任投資のほうがパフォーマンスがよいという話はよく聞くが、MS - SRI モーニングスター社会的責任投資株価指数をみる限りでは今回の税制優遇措置を加味すれば、なかなかおいしいんではないかと思う。

2006年10月20日

野村-グローバル・コモディティ・オープン

野村-グローバル・コモディティ・オープン(毎月分配型)

GSCI®指数(ゴールドマンサックスコモディティインデックス)連動ファンドで、毎月20日に分配。

GSCI®指数の騰落率に償還価額等が連動する、外貨建ての証券(指数連動債または指数連動証券等(「仕組債等」といいます。))を主要投資対象とし、「GSCI®指数」が表す世界の商品(コモディティ)市況全体について、その中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行ないます。
詳しくは↓



2006年10月19日

証券税制 優遇延長なし?

現在の税制では、ファンド(公募)の収益分配金には10%の税金がかかるが、これは通常20%のところを株式市場活性化等のため、出血大サービスで半分の10%になっている。

詳細はこちら


この優遇制度が2008年(平成20年)に予定通り終了するようだ。ただし、その後あらたに何らかの優遇措置ができる可能性がある。上場株式の譲渡益に関しては、アメリカのように1年以上の保有で税金半分なんてこともあるかもしれない。こうなるとデイトレは厳しくなる。
posted by Kumaz at 10:52 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託全般

2006年10月15日

ディープリサーチ・チャイナ・ファンド 愛称:翡翠探訪

ディープリサーチ・チャイナ・ファンド
(愛称:翡翠探訪ひすいたんぼう)

募集期間:10/13〜10/24


投資信託証券の受益証券への投資を通じて、大中華経済圏の株式およびわが国の公社債への投資を行い、信託財産の中長期的な成長を目指します。※「大中華経済圏の株式」とは、大中華経済圏(中国、香港、台湾、シンガポール等)の株式市場において公開されている株式であり、かつ、大中華経済圏において大半の資産を保有するか、大半の収益を得ているか、または事業を行っている企業の株式のことをいいます。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。