2007年01月26日

【大証】金ETF

噂になっていた金ETFですが、とうとう日本の証券取引所に上場!

大阪証券取引所が4月をめどに金ETFと中国株ETFを上場させる。

金ETFや中国株ETFが上手くいけば、原油ETF、インド株ETF、ベトナム株ETFも検討されるという。


大証、金価格や中国株指数連動の投信取引市場開設へ

【イーバンク】投資信託54本追加

イーバンク銀行がシュローダーBRICs株式ファンドなど投資信託54本追加

インベスコ オーストラリア債券ファンド(毎月決算型)
エコ・ファンド
DIAM成長株オープン愛称:出世株
ハイブリッド・セレクション
DIAMグローバル・ボンド・ポート毎月決算コース2愛称:ぶんぱいくん
DIAM J−REITオープン(毎月決算コース)愛称:オーナーズ・インカム
DIAM世界インカム・オープン(毎月決算コース)愛称:世界三重奏
DIAM世界6資産バランスファンド愛称:フルコース
DIAM中国関連株オープン愛称:チャイニーズ・エンジェル
DIAMワールド・グロース株・オープン愛称:世界好成長倶楽部
DIAM J−REITアクティブファンド(毎月決算型)愛称:ハッピー・オーナー
シュローダー・ヨーロピアン・オープン Aコース(為替ヘッジ付)
シュローダー・ヨーロピアン・オープン Bコース(為替ヘッジ無)
シュローダーBRICs株式ファンド
PCA米国高利回り社債オープン
PCAインド株式オープン
PCA韓国株式オープン
PCAアジア・オセアニア好配当株式オープン(毎月分配型)
PCAアジア・ソブリン・オープン
PCA米国高格付社債オープン愛称:合格点
PCA欧米高利回り社債オープン
IBJ ITM ジャパン・セレクション
DLIBJ公社債オープン(短期コース)
DLIBJ公社債オープン(中期コース)
ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープン
ニッセイ/パトナム・毎月分配ユーロインカムオープン
ニッセイ/パトナム・グローバル・エマージング債券ファンド
ニッセイ/パトナム・グローバル・エマージング株式ファンド
GS・日本株ファンド(自動けいぞく)愛称:牛若丸
一寸法師 ゴールドマン・サックス日本小型/新興株ファンド愛称:一寸法師
ダ・ヴィンチ
ゴールドマン・サックス毎月分配債券ファンド愛称:妖精物語
ゴールドマンサックス 米国REITファンドAコース(毎月分配型、為替ヘッジあり)愛称:コロンブスの卵
ゴールドマンサックス 米国REITファンドBコース(毎月分配型、為替ヘッジなし)愛称:コロンブスの卵
GS新成長国債券ファンド愛称:花ボンド
ガリレオGS日本株・プラス(円コース)
GS日本株・プラス(通貨分散コース)
日本好配当株式ファンド(3ヵ月決算型)
東京海上ワールドインワン
東海3県ファンド
東京海上・物価連動国債ファンド
東京海上ベストチャイナオープン
DKA株式オープン
DKA J−REITインデックスファンド(毎月決算型)愛称:ビルオーナー
DKA物価連動国債ファンド愛称:未来予想
DKAトリニティオープン(毎月決算型)愛称:ファンド3兄弟
DKA6資産バランスファンド愛称:六花選(ろっかせん
DKA日本好配当株オープン愛称:配当生活
エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)
グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)
欧州新成長国株式ファンド
世界優良株ファンド(3ヵ月決算型)愛称:プライムコレクション
世界優良株ファンド(毎月決算型)愛称:プライムコレクション




posted by Kumaz at 12:09 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託全般

2007年01月22日

【ジムロジャーズ】原油価格100ドル超

現在原油価格は19ヶ月ぶりの安値だが、この修正局面が終わると100ドルを超える!とジムロジャーズ氏は予想している。

Investing: 'Over $100' oil forecast following a correction

ジムロジャーズ氏は、現在の修正局面がいつまで続き、どのくらい下がるかは不明だが、2009年か2013年にはバレルあたり150ドルを超えるだろうとしている。



ニッセイコモディティファンド

2007年01月17日

マネックス資産設計ファンド

マネックス資産設計ファンド

マネックス証券
26日 15時30分より販売開始!

初心者向け追加型株式投資信託/バランス型のファンドでノーロード(手数料無料)。

  1. 世界の6資産に分散投資

  2. 販売手数料、換金手数料が無料のノーロードファンド

  3. 隔月分配型と育成型が選べる




日本−日本M&Aオープン

日本−日本M&Aオープン

イー・トレード証券が日本−日本M&Aオープンの募集を開始。

わが国の証券取引所上場株式を主要対象とし、M&Aにより企業価値を高めると判断される企業やM&Aの観点から企業価値に比べて株価が割安と判断される企業等の株式へ投資します。投資にあたっては、戦略的企業価値判断及び財務的企業価値判断により投資価値が高いと判断される銘柄を選定します。



posted by Kumaz at 12:22 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本株式投信

日本-ワールド・リート・セレクション(欧州)

日本-ワールド・リート・セレクション(欧州)

イー・トレード証券が日本-ワールド・リート・セレクション(欧州)の取り扱いを開始。

当ファンドでは、ファンド・オブ・ファンズ形式によって、日本でなくヨーロッパの証券取引所、および証券取引所に準ずる市場で取引されているリート(不動産投資信託証券)に分散投資し、高水準の配当収入の獲得を目指すとともに、中長期的な値上がり益を追求します。



SBI−中小型成長株ファンド−ネクストジャパン(愛称:jnext)

SBI−中小型成長株ファンド−ネクストジャパン
(愛称:jnext)

イー・トレード証券がSBI−中小型成長株ファンド−ネクストジャパン(愛称:jnext)の取り扱いを開始。

わが国証券取引所上場株式のうち中小型株に投資する、中小型株成長株・マザーファンド受益証券を主な投資対象とします。
1 現時点では何らかの理由により割安な株価であるものの、将来への成長機会を持つ(企業家精神に溢れる)革新的な高成長企業に投資します。
2 投資に際して徹底的なボトムアップ調査を行います。
3 革新的な高成長企業群に投資する「銘柄分散」、一度ではなく徐々に組入れる時間分散」を行います。



posted by Kumaz at 12:19 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本株式投信

新生−UTIインドファンド

新生−UTIインドファンド

イー・トレード証券が 新生−UTIインドファンドの取り扱いを開始。

主としてインドの証券取引所に上場している株式を実質的な投資対象とし、中長期的な信託財産の成長を目指します。また、実質的な投資対象であるインド株式の運用は、インド国内最大級の投信会社であるUTIグループが行います。なお、投資先ファンドの外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。




posted by Kumaz at 12:17 | 固定リンク | Comment(0) | TrackBack(0) | BRICs投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。